RIP SLYME MASTERPIECE TOUR 2004@武道館
a0032384_13252068.jpg

2004年12月26日
1年前もここ武道館にRIPのライブを参戦するために訪れた。
あれから1年。
2004年はイチドッキリの人生においてドカン!と心に残る事変が目白押しだった。
入籍・さくら・英会話教室・初海外・結婚式・Fle@Dom再始動・ブログ開設・アジカン・ゴッチ・山ちゃん・健ちゃん・キヨシくん・親指の爪はがれた・・
段々と趣向が強くなってきたのでこのへんでSTOP。
1年前はアリーナ最前ど真ん中という人生の運を使い果たした席でRIPを
拝むことができ、ライブ中鼻血が出まくり
「輸血!何つったってんだよ!輸血だ輸血!」級に興奮勃発気味だったのを
今でも鮮明に思い出すことができる。
事実PES・FUMIYA以外の3人とは目がズッパリあったくらいだ。
(そういって自慢する人はだいたい無理矢理目を合わそうと体ひねってぎっくり腰になっちゃうタイプが多いんだよね。困った。困った。(笑))
今年は奥さん、奥さんの妹Aっ子ちゃん、Aっ子ちゃんの友達Nぞみちゃんの計4人。
ツアーグッズを購入後、4人でビールやら、カレーやら、たこ焼きでパワー充電。
談話中、Nぞみちゃんが
「帽子の下に被ってるの水泳帽っすよね?」
爆爆
その日、リョウはRIPキャップの下に黒のインナーキャップを被っていた。
確かに水泳帽には見えるが好んでは被らないだろう。まぁよいっす笑。
入場してアリーナに入ると開演時間19時までのカウントダウンデジタル時計が
巨大スクリーンに映しだされていた。
人気ドラマ「24」のピコッピコッみたいなのを想像してもらえばよいと思う。
RIPライブに参戦したこのある方ならわかると思うがRIPのライブは
19時定刻ぴったしカンカンにスタートするのだ。
普通15分押しでスタート等、清春師匠に至っては延々と姿を現さなかったりする。
どちらが良いかは賛否両論あると思う。
定刻通りにスタートとなると、否応にも30秒前なんかになるとカウントダウンが
スタートしHAPPY NEW YEAR!!ドカーン!的な盛り上がりが必須となる。
一方定刻ずれで始まるライブにも良さがある。
まだかなーとソワソワしてる中、客電がバスン!と消える時の瞬間、
それまで会場に流れていたBGMが消える瞬間・・・
う~ん
これまた「タマリマセン船長!ワタクシ興奮状態であります!」
船長:「しっかりしろー!寝たら波に持ってかれるぞー!」
・・・
<セットリスト オフィシャルBBSより>
Prologue
Masterpiece
Rock it!
By the way
FRESH
チェッカー・フラッグ
HOTTER THAN JULY
M.I.L.K
ON & OFF
One
STRANGE
黄昏サラウンド(字幕スーパー付き)
FUNKASTIC
GALAXY
STEPPER'S DELIGHT
楽園ベイベー
BLUE BE-BOP
雑念エンタテイメント
Dandelion
MELLOW MOLLOW
Unknown
<アンコール>
UNDERLINE No.5
Super Shooter
運命共同体
JOINT

真冬のHOTTER THAN JULYも最高だった。まさかTIME TO GO内の曲を
こんなに聴けるとは思っていなかったのでお兄さんまた鼻血止まりません状態。
斬新だったのは「黄昏サラウンド(字幕スーパー付き)」
巨大スクリーンに東京の夜景が映し出され、映画のようなスタイルで
黄昏サラウンドの歌詞が画面右に字幕スーパーされていた。
RIPは花道で歌ってるので、どっちを見入っていいのか迷った。
後は今回のライブの目玉はオーケストラを従えていたところだと思うが
スケールさは伝わったがRIPの音はデジタル音に適度な生バンド程度で
良いと思った。5人で十分というか、RIPの場合は5人1人1人のオーラが
程よく調和してるグループだと思うので5人オンリーのほうが断然生えると思う。
アンコール一発目、UNDERLINE No.5のスタート方法にめちゃくちゃシビレタ。
会場のアンコール拍手のリズムに合わせてデジタルビートが同時に刻み込まれ
RIPがDJブースとともに登場した。嗚呼乗ってみたい一緒に。鼻血ブー。
a0032384_14503176.jpg

いやはやぁ最高だったぃ。
これでワシも悔いなく年越しできるってもんじゃな婆さんやぁ
ほんと終わった後は玉手箱豪快に開けちゃって精力全て吸い取られた
お爺ちゃんと化していた笑。また来年も婆さんとここに来たい。
関係者花束は有名著名人ばかりだった。タモさんや、研ナオコさん、
小さかったけどミスチルからも!何よりいいね~と思ったのは「Dragon Ash」。
リョウがリップを好きになったきっかけはAshのライブのオープニングアクトで
RIP SLYMEを見たからだ。今では考えられない豪華共演な訳だが
AshがいてRIPというのはリョウの中では今でも崩れていない。
今年は毎年恒例となっていたNKホールでのAshライブがなかった。
来年は是非、Ashのライブで汗をかきたい。

百合の咲くあの場所でダイブがしたい。
a0032384_14584439.jpg
RIP SLYME☆クリスマスライブ@club asiaの記事はこちらから
クリックよろしくお願い致します。

BBS
[PR]
by ilmari0220 | 2004-12-27 12:51 | 日記
<< 清春@Zepp Tokyo RIP SLYME☆クリスマス... >>